プレミアムセミナー「ブロックチェーンと組織」

招待制ですが、以下のセミナーを開催させていただきます。

国際大学GLOCOM公開コロキウム
GLOCOMブロックチェーン経済研究ラボ プレミアムセミナー
「ブロックチェーンと組織」

日時: 2018年8月30日(木)15:00~17:00

場所: 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター

講師:阿部一也(株式会社三菱UFJトラスト投資工学研究所 金融ITテクノロジスト)
   高木聡一郎(国際大学GLOCOM教授/ブロックチェーン経済研究ラボ代表)

概要
ブロックチェーンは中央集権組織に対して、自律分散型組織(DAO:Decentralized Autonomous Organization)を可能にするとされる。実際に、ビットコインは中央銀行などの組織に基づくことなく、分散化された主体により発行・管理されている。また、自律分散型のシェアリング、電力、ストレージなど、自律分散型組織の応用も広く検討されている。しかし、こうした自律分散型組織がどこまで応用、汎用化可能なのだろうか。また、既存の組織論から見ると、ブロックチェーンが実現する自律分散型組織にはどのような可能性と限界があるのだろうか。本セミナーでは、「DAO(分散型自律組織)とティール組織(次世代型組織)の親和性」について考察を深める阿部一也氏をゲストに迎え、ブロックチェーンと組織の問題について考える。

登壇者プロフィール

阿部一也

北海道(苫小牧)生まれ。株式会社三菱UFJトラスト投資工学研究所 金融ITテクノロジスト、ビジネスモデルイノベーション協会認定ジュニアコンサルタント、自律分散社会フォーラム(DASF: Distributed Autonomous Society Forum)会員。2012年まで、札幌のIT企業等で最新技術を用いたプロダクト開発を行う(動画フレーム分割から機械学習による画像・音響特徴量の抽出、音声テキストの抽出、ビッグデータ分析、P2P、コンパイラ言語、最適化問題、検索エンジン、Webアプリ開発で80種類以上のプログラム言語を活用)。現在の金融機関では、AWSクラウドの導入や、テキストAIファンドの開発、アクセラレーターなどに関わる。仕事の傍では、ブロックチェーン技術のプロダクト実装やコミュニケーター活動、エンジニア向けのコミュニティ(Start Python Club、fin-py、X-Tech JAWS、Fin-JAWS、found IT project)の運営、テックまたはビジネスイベントの企画・講演、IT関連書籍の執筆やレビューを行いながら、娘や孫たちの笑顔を励みに、未来のために少しでも社会の課題を解決するための活動を行っている。

高木聡一郎

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)教授/研究部長/主幹研究員、および東京大学大学院学際情報学府客員准教授、同 情報学環客員研究員。国際大学GLOCOM ブロックチェーン経済研究ラボ代表。これまでにハーバード大学ケネディスクール行政大学院アジア・プログラム・フェローなどを歴任。専門分野は情報経済学、技術経済学。IT産業のビジネスモデルや、ITの普及・発展に伴う社会への影響を、主に経済学の観点から分析している。主な著書に「ブロックチェーン・エコノミクス 分散と自動化による新しい経済のかたち」(翔泳社)、「Reweaving the Economy: How IT Affects the Borders of Country and Organization」(東京大学出版会)、「学び直しの方法論 社会人から大学院へ進学するには」(インプレスR&D)など。

申込み方法ž   本セミナーは、招待制です。対象の方は以下の通りです。

  • ブロックチェーン経済研究ラボ 定期レポート購読企業
  • ブロックチェーン経済研究ラボ 研究サロンメンバー
  • その他ご招待させて頂いた方々

 

プレミアムセミナー 「セカンドレイヤーの技術動向」

ブロックチェーンの発展において極めて重要な技術であるセカンドレイヤーについて、下記のセミナーを開催します。

===

GLOCOMブロックチェーン経済研究ラボ プレミアムセミナー
セカンドレイヤーの技術動向

  • 日時: 2018年7月20日(金)15:00~17:00
  • 場所: 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
  • 講師:今井崇也(フロンティアパートナーズ合同会社創業者&代表CEO)

概要

度重なるビットコインの分裂も、もともとはトランザクションの処理能力の問題に起因している。多数の分散化されたノードによるデータの承認・登録作業を行うブロックチェーン技術において、いかに処理速度を高め、多数の取引を扱うことが出来るかは、今後のブロックチェーンの利用において最重要課題の一つでもある。こうした処理能力の問題を解決する方向性の一つが、セカンドレイヤー、あるいはオフチェーンと呼ばれる技術である。オフチェーンの技術の代表格に、ライトニングネットワークと呼ばれる技術があります。本セミナーでは、セカンドレイヤーの技術動向に精通する今井崇也氏を講師に迎え、セカンドレイヤーの技術的概要、動向、今後の展開を議論する。

講師:今井崇也

1980年新潟県生まれ。小学校5年のときにMS-DOS, Basic, Cでプログラムを書いてコンピュータで遊び始める。27歳で新潟大学大学院にて素粒子理論物理学で博士号(理学), Ph. D. を取得。カカクコム株式会社に入社し、検索エンジンのサーバ運用開発/ソフトウェア開発/R&D/大規模データ分析/チームマネジメントの業務を経験。そこで商品画像から商品の色情報を自動的に取得する画像処理アルゴリズムを研究し、色による商品検索システムを開発および実用化。入社当初10人未満だったBizMobile株式会社に転職し、MDM(Mobile Device Management)のデータ蓄積システム構築/データ分析/データ可視化業務を経験。マスタリングビットコイン日本語訳書籍「暗号通貨を支える技術」代表翻訳者。

また、33カ国を旅してきた経験も持つ。ヨーロッパ、東アジア、東南アジア、インド、北米、南米、イースター島、アフリカ。バックパッカーとして一人旅をし安宿をまわり多様な文化、民族、人種と交流。特に南米、インド、アフリカでの旅から大きな影響を受けた。

2014年4月21日にFrontier Partners LLCを設立し、現在代表CEO&創業者。データタワー株式会社代表取締役。United Bitcoiners Inc. 取締役&共同創業者。東京大学客員研究員。

 

本セミナーは、招待制です。対象の方は以下の通りです。

  • ブロックチェーン経済研究ラボ 定期レポート購読企業
  • ブロックチェーン経済研究ラボ 研究サロンメンバー
  • その他ご招待させて頂いた方々

定期レポートをご購読いただいる組織の方々は無料で参加できます。定期レポートのご案内はこちらをご覧ください。

「ブロックチェーン技術の応用に関する戦略策定」報告書を公開しました

国際大学GLOCOMニュースページより

国際大学GLOCOMは、一般財団法人機械システム振興協会からの委託を受け、「ブロックチェーン技術の応用に関する戦略策定」報告書を作成しました。

ブロックチェーン技術は仮想通貨のみならず、様々な分野における活用可能性が指摘されているほか、インターネット基盤そのものを革新するものとしての期待を集めていますが、それがもたらす本質的な影響や、具体的な活用への戦略は必ずしも明らかではありません。こうした中、本戦略策定事業は、ブロックチェーン技術が金融以外を含めた多様な分野において、どのような影響を与えうるか、どのような活用が可能かを明らかにすることで、我が国としての戦略を示すことを目的として作成しました。

検討にあたっては、本分野を代表する多数の有識者から構成される委員会(委員長:田中秀幸 東京大学教授)を構成し、活発な議論を頂きました。本事業では、最新事例や技術動向に関する調査と、委員会における討議により、ブロックチェーン技術がもたらす本質的影響を表す本事業独自の「軸」を5つ抽出しています(図1)。

 

図1 ブロックチェーン技術がもたらすミクロ的影響

 

この軸に基づき、「金融」、「エネルギー」、「製造業」、「行政」、「知識情報サービス」という5分野において、ブロックチェーン技術がどのような影響を与えうるか、時間軸に沿って考察し、2030年までのロードマップとして示しています(図2)。

 

図2 ブロックチェーン応用のロードマップ(金融分野の例)

 

また、ブロックチェーン技術が、情報管理を「占有から共有へ」と変化させるものであると捉え、既存の法制度との関係、監査における留意点、中長期的な法制度の革新に関わる考察を行うとともに、民間産業や公共政策への提言を取りまとめております。

本戦略策定の結果を取りまとめた報告書を公開させていただきます。研究や事業に取り組む方々の一助になれば幸いです。

「ブロックチェーン技術の応用に関する戦略策定」報告書(PDF)

 

 

定期レポートwithセミナーシリーズ

今年度好評頂いたGLOCOMのブロックチェーン定期レポートを、2018年度も発行します。毎月のレポートとセミナーシリーズがセットになった企画で、ブロックチェーンに関する情報を網羅的に収集できる機会としてご検討ください。

購読企業は以下のような特典があります。

1.GLOCOM主催ブロックチェーン関連セミナーへの参加枠確保

  • 購読企業の皆様は、GLOCOMで開催するブロックチェーン関連セミナーシリーズ(年4回程度開催予定)へご参加いただけます。本セミナーはブロックチェーンの最新動向に関する話題提供を受けて議論する場として運営し、客観的なニュースでは得られない洞察や理解を得ることができます。
  • また、異業種交流や企業間連携の出会いの場としても活用することが可能です。

2.GLOCOM主催シンポジウムへの参加枠確保

  • 購読企業の皆様は、対象年度にGLOCOMで開催するブロックチェーン関連シンポジウムへ無料でご招待させて頂きます(13名まで)

3.GLOCOM研究員の訪問による最新動向プレゼンテーション、コンサルティング

  • GLOCOM研究員が購読企業を訪問し、最新動向のプレゼンテーションを行うとともに、ご相談に対応させていただきます。(年2回まで)

詳細はこちらをご覧ください。

プレミアムセミナー「ブロックチェーン技術の展開と課題 ~2017年度の総括と今後の展望~」

こちらも招待制ですが、セミナーを開催させていただきます。

  • 日時: 2018年3月8日(木)15:00~17:00
  • 場所: 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
  • 講師:斉藤賢爾(慶應義塾大学SFC研究所上席所員)
    高木聡一郎(国際大学GLOCOM)

概要

2017年度は、ブロックチェーン技術/仮想通貨について波乱の1年となった。4月には仮想通貨方が施行されるなど、仮想通貨が一定の地位を持って扱われることとなった。また、ブロックチェーンの応用も盛んに検討され、土地の登記から、行政業務への利用、保険、食品偽装、シェアリングエコノミー、パスポートなど多様な業務を対象に実証実験等が行われてきた。

一方、8月にはビットコインの分裂が発生し、その後も多数の分裂を生むなど、分散型システムのガバナンス上の課題も明らかになったほか、ICO(Initial Coin Offering)が過熱を見せ、各国当局も規制強化の動きを見せ始めた。また、2018年に入ってからは仮想通貨NEMの大量流出事件も発生し、大きな社会的課題として取り上げられることとなった。

このようにブロックチェーン技術を取り巻く状況は、波乱に満ちたものとなったが、本セミナーでは、長年にわたり第一線でブロックチェーン/仮想通貨関連の開発に取り組んでいる斉藤賢爾氏(慶應義塾大学SFC研究所上席所員)を講師に迎え、2017年度の動向を振り返り、今後の展開について議論を行う。

登壇者プロフィール

斉藤賢爾

1993年、コーネル大学より工学修士号(計算機科学)を取得。2000年より慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスに在籍。2006年、デジタル通貨の研究で博士号(政策・メディア)を取得。同大学院政策・メディア研究科特任講師等を経て、2014年より同大学SFC研究所上席所員。また、2016年より株式会社ブロックチェーンハブ CSO (Chief Science Officer)。専門はインターネットと社会。

高木 聡一郎

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)研究部長/准教授/主幹研究員、および東京大学大学院情報学環客員研究員。国際大学GLOCOM ブロックチェーン経済研究ラボ代表。これまでにハーバード大学ケネディスクール行政大学院アジア・プログラム・フェロー、慶應義塾大学SFC研究所訪問所員、東京大学大学院情報学環客員准教授などを歴任。専門分野は情報経済学。IT産業のビジネスモデルや、情報技術の普及・発展に伴う社会への影響を、主に経済学の観点から分析している。主な著書に「ブロックチェーン・エコノミクス 分散と自動化による新しい経済のかたち」(翔泳社)など。

申し込み方法

本セミナーは、招待制です。対象の方は以下の通りです。

  • ブロックチェーン経済研究ラボ 定期レポート購読企業
  • ブロックチェーン経済研究ラボ 研究サロンメンバー
  • その他ご招待させて頂いた方々

プレミアムセミナー「世界におけるブロックチェーン応用の最新動向」

招待制となりますが、以下のセミナーを開催させていただきます。

  • 日時: 2018年2月28日(水)15:00~16:30
  • 場所: 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
  • 講師: 石井 敦(クーガー株式会社CEO)

概要

ブロックチェーン技術は、仮想通貨としての急速な普及とその課題に焦点が当たっているが、仮想通貨以外にも、様々な業務やサービスへの応用が期待されている。これまでも、資産の管理から、IoT(Internet of Things)、サプライチェーン、医療、シェアリングエコノミーなど、多様な業務を対象として構想の発表や実証実験が行われてきた。その一方で、どのような業務であれば本当にブロックチェーンのメリットを活かせるのか、また実際にどの程度応用が進んでいるのか、不透明な部分も多い。本セミナーでは、ブロックチェーンの技術コミュニティであるBlockchain EXEの代表を務め、世界のブロックチェーン技術の応用に精通するクーガー株式会社CEOの石井敦氏を講師に迎え、世界におけるブロックチェーン応用のトレンドと、その課題を探っていく。

登壇者プロフィール

 

石井
Atsushi Ishii | クーガー株式会社 CEO
IBMを経て、楽天やインフォシークの大規模検索エンジン開発。日本・米国・韓国を横断したオンラインゲーム開発プロジェクトの統括や進行。Amazon Robotics Challenge トップレベルのチームへの技術支援や共同開発。ホンダへのAIラーニングシミュレーター提供、NEDO次世代AIプロジェクトでのクラウドロボティクス開発統括などを行う。Blockchain EXE代表。
現在、AI x ロボティクス x IoT x ブロックチェーンによる応用開発を進めている。

申し込み方法

本セミナーは、招待制です。対象の方は以下の通りです。

  • ブロックチェーン経済研究ラボ 定期レポート購読企業
  • ブロックチェーン経済研究ラボ 研究サロンメンバー
  • その他ご招待させて頂いた方々

Call for Book Chapters: Blockchain Economics: Implications of Distributed Ledger Technology

ブロックチェーンに関する英文書籍の章を募集しています。査読により審査があります。英文書籍で世界中に発信できますので、奮ってご応募ください。

Blockchain Economics: Implications of Distributed Ledger Technology

http://blockchainstudies.org/CFP_Blockchain_Economics.pdf