中央銀行デジタル通貨

中央銀行(従来の国のお金を発行していた銀行)が、ブロックチェーン技術を使ってビットコインと類似するような通貨を発行するというアイデアがあり、複数の国で詳細に検討されています。

中央銀行がデジタル通貨を発行したらどのような課題があるのでしょうか。中央銀行デジタル通貨(CBDC)にまつわる論点を網羅的に整理したディスカッション・ペーパーが刊行されました。ご関心のある方はどうぞご覧ください。

Soichiro Takagi (2017) “The Impact of Central Bank Digital Currency: From a Functional Perspective”, GLOCOM Discussion Paper Series 17-003. http://www.glocom.ac.jp/wp-content/uploads/2017/05/GLOCOMDISCUSSIONPAPER_No5_2017-No003e.pdf
(要旨の日本語訳)

ブロックチェーン技術は、幅広い経済やビジネスの仕組みに変化をもたらす技術的革新として注目を集めている。分散型台帳としても知られるブロックチェーン技術は、当初ビットコインを実現する基盤技術として誕生した。こうしたビットコインや類似のデジタル通貨は、世界中の不特定多数の参加者により発行され、維持されている。しかし、ビットコインのような民間セクターのデジタル通貨への対応として、各国の中央銀行も、自らのデジタル通貨を発行することについて関心を高めている。英国、スウェーデン、カナダ、カンボジアなどの中央銀行が、中央銀行自ら発行するデジタル通貨について研究を行っている。もし中央銀行がブロックチェーン技術に基づき、自らのデジタル通貨を発行することになれば、国内外の経済や、金融システムに対して幅広い影響を及ぼすことが考えられる。本稿は、ブロックチェーン技術の技術的・機能的特徴を紹介し、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の実装に関わる経済的・社会的な影響可能性を示すことにより、中央銀行デジタル通貨について議論する際の論点やポイントを包括的に示すことを目的とするものである。