ブロックチェーン・イノベーション2017

昨年に引き続き、シンポジウム「ブロックチェーン・イノベーション2017」が開催されます。ビットコインの分裂からICO、ブロックチェーンと電力の関係など、幅広いテーマで第一人者が議論します。どうぞ奮ってご参加ください。

申し込み:http://www.glocom.ac.jp/events/3182

開催概要

この数年間の仮想通貨とブロックチェーン技術の発展は、目覚ましいものがある。ビットコインをはじめとする仮想通貨は法整備も進みつつあり、一般の消費者が触れる機会も増えつつあり、またブロックチェーン技術の多方面での応用も、世界各地で取り組みが進んでいる。このような中、国際大学GLOCOMでは、2016年9月にシンポジウム『ブロックチェーン・イノベーション2016』を開催し、ブロックチェーン技術の可能性と課題について俯瞰的に議論を行った。

昨年のシンポジウムから約1年が経過したが、ブロックチェーン技術の応用や発展はさらに加速し、電力取引への応用、仮想通貨を用いた資金調達を行うICO(Initial Coin Offering)など、多様性を増している。その一方で、多くの課題が顕在化しているのも事実である。2017年8月に発生したビットコインの分裂や、企業におけるブロックチェーン活用のメリットやデメリットなど、論点は多岐にわたる。そこで、本シンポジウムでは、仮想通貨の今後の展開や、業務におけるブロックチェーン技術の応用について、掘り下げた議論を行うこととしたい。

日時

2017年12月8日(金)13:30-17:30

会場

コングレスクエア日本橋(2F ホールA・B)

定員

110名

参加費

10,000円(税込)

主催

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)
国際大学GLOCOM ブロックチェーン経済研究ラボ

プログラム

13:30-13:35 開会のご挨拶 前川 徹(国際大学GLOCOM所長)

13:35-14:05
講演「ブロックチェーン活用のトレンドとその本質的影響」

高木聡一郎(国際大学GLOCOM 主幹研究員)

14:05-14:55
特別講演「仮想通貨の展開とICOについて」

岩下直行(京都大学教授)

14:55-15:10 休憩

15:10-16:10
パネルディスカッション①「ビットコインの分裂と合意形成の行方」

岩下直行

首藤一幸(東京工業大学准教授)

本間善実(日本デジタルマネー協会代表理事)

【モデレータ】斉藤賢爾(慶應義塾大学SFC研究所上席所員)

16:10-16:15 小休憩

16:15-17:30
パネルディスカッション②「ブロックチェーンの応用可能性と今後の展望」

杉井靖典(カレンシーポート代表取締役CEO)

田中謙司(東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻特任准教授)

宮村和谷(PwCあらた監査法人 システム・プロセス・アシュアランス部 パートナー)

安 昌浩(株式会社ALIS)

【モデレータ】高木聡一郎