プレミアムセミナー「ブロックチェーン技術の展開と課題 ~2017年度の総括と今後の展望~」

こちらも招待制ですが、セミナーを開催させていただきます。

  • 日時: 2018年3月8日(木)15:00~17:00
  • 場所: 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
  • 講師:斉藤賢爾(慶應義塾大学SFC研究所上席所員)
    高木聡一郎(国際大学GLOCOM)

概要

2017年度は、ブロックチェーン技術/仮想通貨について波乱の1年となった。4月には仮想通貨方が施行されるなど、仮想通貨が一定の地位を持って扱われることとなった。また、ブロックチェーンの応用も盛んに検討され、土地の登記から、行政業務への利用、保険、食品偽装、シェアリングエコノミー、パスポートなど多様な業務を対象に実証実験等が行われてきた。

一方、8月にはビットコインの分裂が発生し、その後も多数の分裂を生むなど、分散型システムのガバナンス上の課題も明らかになったほか、ICO(Initial Coin Offering)が過熱を見せ、各国当局も規制強化の動きを見せ始めた。また、2018年に入ってからは仮想通貨NEMの大量流出事件も発生し、大きな社会的課題として取り上げられることとなった。

このようにブロックチェーン技術を取り巻く状況は、波乱に満ちたものとなったが、本セミナーでは、長年にわたり第一線でブロックチェーン/仮想通貨関連の開発に取り組んでいる斉藤賢爾氏(慶應義塾大学SFC研究所上席所員)を講師に迎え、2017年度の動向を振り返り、今後の展開について議論を行う。

登壇者プロフィール

斉藤賢爾

1993年、コーネル大学より工学修士号(計算機科学)を取得。2000年より慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスに在籍。2006年、デジタル通貨の研究で博士号(政策・メディア)を取得。同大学院政策・メディア研究科特任講師等を経て、2014年より同大学SFC研究所上席所員。また、2016年より株式会社ブロックチェーンハブ CSO (Chief Science Officer)。専門はインターネットと社会。

高木 聡一郎

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)研究部長/准教授/主幹研究員、および東京大学大学院情報学環客員研究員。国際大学GLOCOM ブロックチェーン経済研究ラボ代表。これまでにハーバード大学ケネディスクール行政大学院アジア・プログラム・フェロー、慶應義塾大学SFC研究所訪問所員、東京大学大学院情報学環客員准教授などを歴任。専門分野は情報経済学。IT産業のビジネスモデルや、情報技術の普及・発展に伴う社会への影響を、主に経済学の観点から分析している。主な著書に「ブロックチェーン・エコノミクス 分散と自動化による新しい経済のかたち」(翔泳社)など。

申し込み方法

本セミナーは、招待制です。対象の方は以下の通りです。

  • ブロックチェーン経済研究ラボ 定期レポート購読企業
  • ブロックチェーン経済研究ラボ 研究サロンメンバー
  • その他ご招待させて頂いた方々