ブロックチェーン・イノベーション 2018 ~プラットフォーム技術と応用のフロンティア~

国際大学GLOCOMにて、以下のシンポジウムを開催します。盛りだくさんの内容ですので、ぜひ奮ってご参加ください。

概要
国際大学GLOCOMでは、2016年3月にブロックチェーン経済研究ラボを設置し、ブロックチェーンの社会経済的影響について研究を行うとともに、2016年、2017年とシンポジウムを開催してきた。この間、ブロックチェーンおよび仮想通貨は波乱に富んだ歩みを見せてきた。仮想通貨については、ビットコインをはじめとする仮想通貨の急速な高騰、一部仮想通貨取引所からの流出、仮想通貨の分裂、そしてICOについて巨額な投資などが見られた。一方、ブロックチェーンの他分野への応用は、幅広い分野において実証実験が行われているが、実運用における利用はまだ緒に就いたばかりである。

こうした背景の中で、仮想通貨およびブロックチェーンの価値や意義、そしてその限界について、改めて整理すべき段階に至っている。特に、ブロックチェーンのプラットフォーム技術の課題や解決策、ブロックチェーンを応用すべき業務やシステム全体における位置付けなど、検討すべき課題は多い。本シンポジウムでは、ブロックチェーン技術そのものの進化を踏まえた上で、その応用に関する今後の発展性や課題について、掘り下げた議論を行うこととしたい。

主催
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)
国際大学GLOCOM ブロックチェーン経済研究ラボ

プログラム

14:00-14:05 開会の挨拶

14:05-14:45 講演「仮想通貨とブロックチェーンの未解決問題」
楠正憲(Japan Digital Design株式会社CTO/国際大学GLOCOM客員研究員)

14:45-15:00 休憩

15:00-15:45 パネルディスカッション①「プラットフォーム技術の課題と今後の方向性」
楠正憲
久保健(株式会社ゼタント代表取締役)
斉藤賢爾(慶應義塾大学SFC研究所上席所員/国際大学GLOCOM客員研究員)※リモート参加
薮下智弘(株式会社シーエーシー デジタルソリューションビジネスユニット デジタルITプロダクト部 デジタルイノベーショングループ 新規事業・ブロックチェーン担当)
【モデレータ】高木聡一郎(国際大学GLOCOM主幹研究員)

15:45-16:30 パネルディスカッション②「ブロックチェーン活用のユースケース」
石原玲一(株式会社電緑取締役)
伊藤佑介(博報堂ブロックチェーン・イニシアティブ)
松坂維大(株式会社LIFULL ブロックチェーン推進グループ長)
【モデレータ】峯荒夢(株式会社ガイアックス R&D本部技術開発部 開発マネージャー)

閉会の挨拶
高木聡一郎

 

参加費
7,000円(税込)

お申し込み
こちらよりお申し込みください。

お問い合わせ
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)
〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
担当:小島・武田
Mail: info_pf[at]glocom.ac.jp ← [at] を小文字の @ に置き換えて送信してください。
Tel: 03-5411-6677