地域におけるブロックチェーン

昨日、プレミアムセミナー「地域におけるブロックチェーン」を開催いたしました。

IMG_0453

会津大学の藤井靖史先生、ガイアックスの峯荒夢様を講師にお招きして、地域におけるブロックチェーンをテーマに議論を行いました。地域通貨から電力、シェアリングまで、ブロックチェーン活用のコンセプトから実践状況まで共有した上で、ブロックチェーンを活用することの意義について議論を行いました。

確実に価値を記録することで、様々な取引や交流を活発化させることができるのではないか、とくブロックチェーンの意味合いについて洞察が深まった会となりました。

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

 

※「プレミアムセミナー」はブロックチェーン経済研究ラボ定期レポート購読者様を主な対象としたセミナーとなっております。ご関心のある方は、レポート購読をご検討下さい。

プレミアム・セミナー開催のお知らせ

GLOCOMブロックチェーン経済研究ラボのプレミアムセミナーを開催します。

テーマは、「地域におけるブロックチェーン活用」です。

  • 日時: 2017年7月27日(木)16:00~18:00
  • 場所:国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
  • 講師:藤井靖史(会津大学)、峯荒夢(株式会社ガイアックス)

 

概要

ブロックチェーンの活用は仮想通貨から所有権、著作権、電力、公共分野まで幅広い分野へと広がりつつある。こうしたユースケースにはどのような特徴があり、またブロックチェーンを活用するメリットはどのようなものがあるのだろうか。本セミナーでは、ブロックチェーンを活用した地域通貨である『萌貨』や、電力への応用など、様々な取り組みを進める会津若松市の取り組みと、株式会社ガイアックスが進めるシェアリング・エコノミーへの応用を取り上げ、地域におけるブロックチェーン活用の可能性とその課題を探る。

※本セミナーは、「ブロックチェーン経済研究ラボ 定期レポート」の購読企業を中心とした招待制となっております。

 

登壇者プロフィール

藤井靖史

会津大学准教授/CODE for AIZU Founder/Code for Japan理事/内閣官房情報通信技術総合戦略室 オープンデータ伝道師。ブロックチェーンの地域実装など、地域課題を種にした価値創造に取り組んでいる。

峯荒夢

株式会社ガイアックス R&D本部 技術開発部 開発マネージャー。新規技術開発を担当し、その中でもブロックチェーンは、シェアリングエコノミーを支える最も重要な技術として取り組んでいる。中間者による搾取が排除され、フェアで不正の無い世の中を実現する技術としてその可能性を信じ、社会への実装へ向け日々取り組んでいる。ブロックチェーンの国際標準化を検討するTC307/ISO国内検討委員にも名を連ねている。

 

申し込み方法

  • 本セミナーは、招待制です。対象の方は以下の通りです。
    • ブロックチェーン経済研究ラボ 定期レポート購読企業
    • ブロックチェーン経済研究ラボ 研究サロンメンバー
    • その他ご招待させて頂いた方々
  • ご参加申し込みは、所属・お名前をberl[at]glocom.ac.jpまでお送りください。← [at]を@に置き換えて送信してください。

 

World’s Trend of the Innovation on Blockchain~ブロックチェーン・イノベーションの最新トレンド

※本イベントは満席となりました。

(詳細)
http://www.glocom.ac.jp/events/2323

ブロックチェーン技術を巡っては、世界各地で急速な開発が行われている。中でも、プラットフォーム技術の開発や、様々な領域におけるPoC(プルーフ・オブ・コンセプト)が盛んにおこなわれている。本国際セミナーでは、米国と英国からブロックチェーン関連のイノベーションに精通する識者を招き、世界の最前線で行われているイノベーションを概観し、その国際比較を試みる。特に、どのような分野やテーマにおいてイノベーションが進んでいるか、また技術開発やスタートアップ企業を取り巻くエコシステムの状況、人材の育成や確保などのテーマで、米国、英国、日本の状況を比較しつつ、議論を深める。

日時 / Time and Dates

2017年3月28日(火) 16:00~18:00(15:30受付開始)
March 28th, 2017, 16:00~18:00

会場 / Venue

GLOCOMホール(国際大学グローバル・コミュニケーション・センター/東京)
GLOCOM Hall, Center for Global Communications (GLOCOM), International University of Japan (Tokyo, Roppongi)

定員 / Number of Attendees

50名(先着順) / 50

参加費 / Fee

無料 / Free

主催

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)
GLOCOMブロックチェーン経済研究ラボ

プログラム / Program

※基本的に英語での開催ですが、日本語による簡単な解説が付きます。

講演 / Lecture

カテリーナ・リンディ Caterina Rindi
(Blockchain Consultant and Educator / Director, Corporate Social Responsibility and Impact)

キャサリン・マリガン Catherine Mulligan
(Co-Director of the Imperial College Centre for Cryptocurrency Research and Engineering)

パネルディスカッション / Panel Discussion

モデレーター / Moderator
高木聡一郎 Soichiro Takagi
(国際大学GLOCOM主幹研究員/准教授/研究部長)
質疑応答 / Discussion and Question-and-Answer from the audience